TOP / 商品情報 / SKINCARE LESSON

SKINCARE LESSON SKINCARE LESSON

クリックすると動画が表示されます。

スキンケアレッスンのSTEP

  • STEP1
    クレンジング
    洗顔
  • STEP2
    乳液
  • STEP3
    化粧水
  • STEP4
    美容液
    クリーム
sp_tab_list
クレンジング 洗顔 乳液 化粧水 美容液 クリーム

クレンジング ティッシュを使ったふきとり方

メイクアップ料や皮脂よごれをやさしく、しっかり取りのぞきます。 ティッシュを使った、クレンジングやマッサージクリームなどのふきとり方をご紹介いたします。

クリームタイプのクレンジングで使い方をご紹介いたします。目もと、口もとなどのポイントメイクは専用リムーバーで落としましょう。

生え際や小鼻のまわり、フェイスラインなどもていねいにふきとりましょう。

洗顔料

皮脂よごれなどをやさしく落とし、肌を清潔にします。

まず手をキレイに洗い、ぬるま湯で顔を軽く洗い流しておきましょう。泡立ては空気をふくませながら泡立てることがコツです。

乳液コットンの持ち方

モイスチュアバランスを整え、しなやかな肌に整えます。 肌のすみずみまでゆきわたらせるために。まずはコットンの持ち方をマスターしましょう。

小鼻などザラつきが気になる部分はとくにていねいになじませます。乳液が肌になじむまで繰り返しましょう。

コットンでなじませることで、ムラなく効果的に角層のすみずみまでうるおいが届きます

化粧水

みずみずしく肌をひきしめて、キメを整えます。

使用量はコットンに指がすけるくらいが目安です。目もとは特にソフトになじませましょう。

美容液

肌の活性を積極的にたすけます。

最後は手のひらで顔を包みこむようにハンドプレスして、充分なじませましょう。

クリーム

肌の活性を積極的にたすけます。

1回分の使用量は大豆粒くらいです。乾きやすい部分は、たっぷりとなじませましょう。

  • 化粧水
    みずみずしく肌をひきしめて、キメを整えます。

  • 美容液
    肌の活性を積極的にたすけます。
  • クリーム
    肌の活性を積極的にたすけます。

PAGE TOP