TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / 産業保健師のこだわり

STAFF INTERVIEW 産業保健師のこだわり

STAFF INTERVIEW 産業保健師のこだわり

現在の仕事内容について教えてください。

アルビオンの全従業員と会社全体の健康管理・健康支援を行う「産業保健師」を務めています。具体的には、法律で定められている年1回の健康診断やストレスチェックの結果を確認し、そのフォローや分析、面談、保健指導、健康相談のほか、メンタルヘルスケア、健康意識向上のための健康教育、病気を発症した方の復職支援などを行っています。
さらに、「病気の発症を未然に防ぐ職場環境づくり=“ゼロ次予防”」を目指し、より働きやすい職場にする方策を管理職の方々と話し合い、職場巡視を通じて労働災害防止のための提案を行うことも重要な活動のひとつ。フィジカル、メンタルにかかわらず、社員と会社の双方にとって、最も身近な医療専門家という立場で日々業務を行っています。

大勢の社員の保健指導にあたってどんな工夫をしていますか?

一人ひとりの業務内容、勤務形態などに合わせて、“オーダーメイドの保健指導”をするようにしています。また、健康管理の大切さを理解してもらうため、健康診断の結果ひとつにも見せ方や伝え方にこだわっています。例えば、全国の各支店の結果を集計して“通信簿”のような形でまとめ、「ここを改善しましょう!」「このデータはすごくよいですね」といった手書きコメントも付けて、オフィスに大きな紙で貼り出し、皆さんに足をとめて読んでもらえるよう工夫しています。
また、会社全体で健康意識を高めていくためには、経営陣や管理職の方への啓蒙活動も重要です。管理職の方から健康管理への理解を深め、ご自身のことはもちろん、部下の健康や安全に配慮してもらいたいからです。そのためにも、産業保健師は、医療や健康の知識だけではなく、会社組織から個々の業務内容まで把握していなければなりません。それゆえ会社の組織図は、私にとっては“戦略図”なんです(笑)。「健康」と「経営」というのは非常に密接な関係にあります。どの職種、どの立場であっても、社員一人ひとりの健康は、会社の経営、根幹に影響を与える重要なことだと考え、「働く人」と「会社」の双方の健康を支える医療専門家であることを、常に意識しています。

美容部員の健康管理に特に力を入れている理由は?

対面での接客販売にこだわるアルビオンは、特に美容部員(以下BA)の健康が経営に直結すると考えています。一人でも健康に不安のある状態になれば、店舗全体に影響が及びますし、なによりお客様のキレイのお手伝いをするためには、まずBA自身が心も体もすこやかであることが大事だと思うからです。私は以前、看護師をしていましたが、BAと看護職の仕事環境は非常に似ていると思います。大勢の人と関わる仕事、シフト制の勤務などもそうですが、一度業務につくと、看護師であれば患者さん、BAはお客様の対応が最優先となり、自分の健康が後回しになりがちです。そこで、そんな忙しい中でも全国どこからでも電話やメールで気軽に相談できるヘルプラインを設置し、さまざまな悩みに迅速に対応できるように努めています。
また、単身赴任の社員の健康管理にも特に力を入れています。営業職の単身赴任者全体の健康診断結果を分析した結果、会社全体の結果に比べて、悪化傾向があることがわかったのです。そのため、健康診断の結果を送る際には、個別に生活改善点などを書いた携帯サイズの「オンリーワン健康管理手帳」をオリジナルで作って、保健指導に努めています。その後の健康診断結果が改善していないと電話もして……。保健師魂で追いかけます(笑)。
こうした地道なアナログ手法も駆使しながら、ホワイト500認定企業として、従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に実践する「健康経営」を推進・実現していけるよう取り組んでいます。

仕事上、欠かせない「7つ道具」を教えてください。

全国の社員の相談を受けるためのヘルプラインとつながっている電話は、私の相棒!そして、相談対象者の情報の整理が重要なので、どのような条件や規則、環境で業務についているのかを把握するための「就業規則」と「組織図」、健診データの検査値を把握するための「臨床検査データブック」も欠かせません。
産業保健分野は常に最新の知識が必要不可欠。日本産業保健師会の会報などは必ず目を通し、学会も必ず参加をして自己研鑽を続けています。

今後の目標や夢、社員への健康メッセージをお願いします!

「私たち産業保健スタッフは、社員一人ひとりが笑顔で、生き生きと働けるようにサポートします。私たちも、笑顔とホスピタリティマインドを大切に、出会えてよかったと思われる関係づくりを目指します」
これは私たちスタッフのミッションであり、私の原点です。この言葉通り、どんな年代や立場の悩みでも柔軟に、そして笑顔を忘れずに対応しますので、安心して相談してほしいです。時に厳しくお話しすることがあっても、それは長く健康で働いてもらいたいと強く願うからです。もし今、体調に問題がなくてもこれから病気になる可能性があると判断すれば、私は何度でも、根気強く、お話します。
アルビオンの企業理念に「信頼の輪を世界に広げる」という一節があるのですが、私は保健師として信頼の輪を広げることを大切にしています。ですから、保健師の言葉を信じてみようと思う「輪」が広がっていくのを実感すると、本当にうれしく、やりがいを感じます。現在、アルビオンでは産業保健師を目指す大学生の実習を受け入れており、次世代の産業保健師の育成活動もしています。働く人と会社、双方の健康支援をする産業保健師が増え、世の中の健康管理が今より充実したら、私は医療の世界も、経済の世界も大きく変わると思っています。目標を高く持ちながら、今の仕事を着実に、誠実に。これからも皆さんに信頼される保健師を目指していきたいと思います!

※掲載内容は2019年4月時点の情報です。

Profile

大学を卒業後、看護師・保健師の国家資格を取得。看護師として病院勤務を経て、産業保健師の道へ。現在、日本産業保健師会理事を務めながら、産業保健看護専門家を取得。さらに、上級資格の取得を目指して、仕事・勉強・双子の男子の子育てにフル回転。15年以上続けるフラダンスは、非日常を味わえ、自然と笑顔になる大切な趣味。保健師会の女性たちにもよく質問されるという愛用品は、エクシア ALブライトアップ ピーリングアンフィネスホワイトミルクローション

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP