TOP / アルビオンを体験 / STAFF INTERVIEW / 総合職採用担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 総合職採用担当のこだわり

STAFF INTERVIEW 総合職採用担当のこだわり

現在の仕事内容について教えてください。

人事部にて、総合職の新卒採用と、新入社員教育(新人研修)および入社2年目以降の階層別研修を担当しています。

採用活動は、求人から選考、内定、入社までのフォローと、長いプロセスがあり、業務内容は多岐にわたります。その中には、学生の皆さんにアルビオンへの興味を深めてもらうために、会社説明会を開催したり、大学訪問をしたりする活動もあります。また、インターンシップの内容や、採用情報サイトに掲載する内容を立案するのも業務のひとつです。最近では、仕事内容や社員の姿をよりリアルに伝えられるよう、説明会で使用する「社員の1日に密着」動画を制作するため、撮影現場に立ち会いました。

一方、研修担当としては、変化していく環境や役割にあわせたプログラムの立案やコーディネートを行っています。

採用活動で大事にしていることは何ですか?

アルビオンを知ってもらうことです。私たちはプレステージメーカーとして、商品開発力、限定した流通、人材育成の3つに徹底したこだわりを持っています。 この独自のコア・コンピタンスを理解し、共感していただきたい。職種に興味を持ってもらうことももちろんですが、なによりアルビオンを好きになってほしいという思いが強いんです。

納得してこの会社を選んでほしいので、情報はできる限りオープンに伝え、会社説明会などの選考プロセスでは先輩社員と交流できる機会も設けています。具体的な業務を知るだけでなく、社員のリアルな姿に触れることで、自分の将来像を思い描けることが大切だと思うからです。私自身も営業職の経験者なので、会社の強みを実体験として伝えられることは大きなメリットだと思っています。

また、学生の皆さんにとって有意義な場となるよう、こちらの伝えたいことだけではなく、参加者のニーズにも応えられるように心がけています。

求める人材像を教えてください。

一言で表すとしたら、「誠実な人」。どの職種でも、お客様あっての仕事なので、相手の立場に立って相手の気持ちを理解したうえで、自分の仕事や想いを推進できる人です。そういった人の姿勢や人柄は、挨拶などちょっとしたやりとりや取り組み方に、にじみ出てくるもの。完璧ではなくても、きちんとやろうとする姿勢は大事だと思います。

化粧品メーカーというと、女性の職場というイメージを持つ方も多いかもしれませんが、最近は、「化粧品を使ってみたら、肌が変わって前向きになれた」と、商品をきっかけに応募してくれる男性も増えました。アルビオンの社員は、自社の商品や理念に誇りを持って働いているので、そういう方が今後も増えてくれるとうれしいです。

仕事のやりがいを感じるのは、どんな時ですか?

1ヵ月にわたる新人研修は、一人ひとりの成長が目に見えてわかって楽しいです。研修では、アルビオンの独自性はいかにして生み出されるのか、商品知識や社内組織の役割や機能を理解するのはもちろん、多くの先輩社員たちから、高級化粧品メーカーの一員としてふさわしい“人となり”を学んで成長してほしいと思っています。だから、研修を経てひとまわり大きくなって配属されていくときは、巣立ちのようで感無量です。

今、人事部に配属になって5年目ですが、今回の階層別研修に参加する社員は、私が初めて新卒採用担当として関わった人たちなんです。彼らが学生だった時から知っているので、さらにどう成長したか、再会するのがとても楽しみ。人事には、社員のその後の成長を見続けていく喜びがある。それがやりがいですね。

“七つ道具”的な、仕事上欠かせないものは?

スマホ、充電器、パソコンが入るビジネスバッグ、そして携帯用の靴べらです。学校訪問などで靴を脱ぐことがあるので、すっと履けて便利。それから個人的にマストなのは、水筒と折りたたみ傘。エコを愛する雨男なんです(笑)。

今後の目標や夢を教えてください。

化粧品メーカーなので、商品をご愛用いただくアルビオンファンになっていただくことはもちろんですが、採用担当としては、アルビオンという会社の企業姿勢や理念を好きになってくれるファンを増やし、働いてみたいと思ってもらえる人を増やしていきたいという思いがあります。

また、人事の仕事を通して、「人は成長する」ということを目の当たりにしてきました。私自身も年齢に関係なく、少しずつでも常に成長し続けられる人間でいたいと思います。

※掲載内容は2019年1月時点の情報です。


夢と理想を追求する喜びを共有できる、若い力を求めています
採用情報はコチラ

Profile

学生時代、華やかでキレイなものに携われる化粧品業界を志望し、アナ スイをきっかけにアルビオンを知る。独自のビジネスモデルに惹かれるとともに、採用担当、面接官の人柄が心地よいと感じ入社を決意。広島、名古屋、千葉で営業職を経験後、人事担当に。スキコンシーバムルネセアジュイールと愛用製品多数。「育児休暇もとりました」と、子供と猫をこよなく愛すイクメンパパ。

STAFF INTERVIEW トップへ戻る

PAGE TOP