アルビオンのこだわり

TOP / 会社情報 / アルビオンのこだわり / アルビオンの研究体制

アルビオンの研究体制

アルビオンの ものづくり アルビオンの ものづくり
お客様の肌と心に感動を与える、アルビオンの「価値ある化粧品づくり」は、確かな研究開発・技術力によって支えられています。
最新の皮フ科学にもとづく基材成分や美容成分を研究開発し、それらの成分を絶妙な比率で組み合わせることで、肌への効果と快適性を兼ね備えた化粧品が生まれます。
安全性を徹底検証する各種試験や肌への効果測定なども行い、研究員一同が自信を持ってお客様にお届けできる商品のみ、生産・販売へと引き継がれていきます。
そのため、アルビオンでは4つの研究拠点を構え、お客様の期待を常に超えていく、新しい化粧品づくりに挑戦しています。
東日本橋研究所 東日本橋研究所
「こんな製品を作りたい!」という夢を実現していく研究を行っています。
独創的なアイデアと最先端技術の融合
本社の商品企画担当者と連携し、常識にとらわれない個性あふれる化粧品づくりを模索。独創的なアイデアを最先端の科学技術によって研究開発し、実際の製品にしていきます。化粧品開発への情熱と確かな技術、知識を持った研究者たちが密にコミュニケーションをとりながら、夢をカタチにしていきます。
妥協を許さない研究体制で期待を
常に超えていく
アルビオンの製品には極めて高い規格水準を設けており、研究員は常にその水準以上の成果を提示することが求められています。一切の妥協を許さない研究体制も、アルビオンのこだわり。技術力のさらなる向上に日々努めています。
白金研究所 白金研究所
女性の“美”を科学的見地から探求し続けています。
化粧品の安全性や有効性の検証
最新の科学技術を使った「培養細胞実験」、肌測定によるデータ収集、実際に製品を使用した肌の美容効果の検証、製品の有効性・安定性・安全性などの評価を行っています。
美容理論の構築と美容機器の開発
アルビオン独自の美容理論の構築・検証や、理論に基づいた美容機器の研究開発を実施。お客様に対し、効果的な美容活動を行えるよう、サポートしています。
化粧品知識の普及活動
CSR(アルビオンの社会的責任)活動の一環として、スキンケアやメイクのセミナーなどを通し、正しい化粧品知識の普及活動にも尽力しています。
白神研究所 白神研究所
世界遺産「白神山地」の麓で、
“植物の力”を研究・開発しています。
植物に特化した原料の開発
自然豊かな「白神山地」の良質な水と土によって育まれた天然の植物成分を抽出し、独自の美容成分として化粧品づくりに活用するための研究を行っています。
安心・安全を追求した価値ある商品づくり
すでに化粧品原料として配合実績のある植物に関しては、原料のトレーサビリティ(生産地・流通経路の明確化)の更なる確保を目指し、安心・安全に裏打ちされた価値ある商品づくりをめざしています。
CSR(アルビオンの社会的責任)の観点を踏まえた研究拠点
白神研究所は、秋田県藤里町の閉園した保育園を再利用。ここを研究拠点として活動していく傍ら、秋田県や藤里町と連携し、地域社会への貢献にも努めています。
世界遺産「白神山地」 世界遺産「白神山地」
白神山地は、氷河期以降のブナ林の東アジアにおける代表的な森林として、また、世界的にも特異な動植物の多様性を有する森林として、優れた原生的な状態で残存していることが高く評価されている地域です。
※1993年12月世界自然遺産に登録
(同時期に鹿児島県屋久島も登録)
「白神山地の里」藤里町 「白神山地の里」藤里町
研究所のある「秋田県藤里町」は秋田県の最北端に位置し、ブナの原生林『白神山地』の里として知られています。化粧品の研究・開発の命ともいえる良質な水や空気など、素晴らしい自然に恵まれた環境を保持しています。
スリランカ伝統植物研究所 スリランカ伝統植物研究所
「光り輝く島」という意味の名を持つ国で、
産学連携による研究・開発をしています。
植物の分析や新しい成分の開拓
島国でもあるスリランカは、固有植物の宝庫であり、その数は約4000種ともいわれています。アーユルヴェーダなど薬草をいかした伝統医療が盛んであるこの地で、まだ実用化されていない植物の分析や新しい成分の開拓などをおこない、新たな化粧品の開発を目指しています。
産学連携による研究開発
産学連携の取り組みの一環として、包括連携協定を結んでいる、東京農業大学と共同で設立。現地ではスリランカ政府や大学など教育機関の協力も受けながら、研究・開発をすすめています。
また同時に、スリランカの産業を支援する研究活動もおこなっていきます。
「インド洋の真珠」スリランカ 「インド洋の真珠」スリランカ
南アジアのインド亜大陸(インド半島)の南東に、ポーク海峡を隔てて位置する共和制国家。旧国名をセイロンと言い、世界でも有数の紅茶生産国です。その自然の豊かさから「インド洋の真珠」とも呼ばれ、近年では隠れたリゾート地として、注目度が急速に高まっています。
スリランカのアーユルヴェーダ スリランカのアーユルヴェーダ
古代インドで生まれた伝承医学療法が、古くからスリランカに伝わる処方と融合して進化したものが、スリランカのアーユルヴェーダです。薬草の力を借りて心身ともにバランスのとれた健康的な生活を送る知恵を、今も大切に受け継いでいます。
アルビオンのこだわり

PAGE TOP