TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 生理中でも元気肌に 優しいスキンケア方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「生理前や生理中になると肌あれしてしまう」という悩みを持つ女性は多いでしょう。生理痛や気分の浮き沈みに加え、肌あれまでもが起こるとさらにブルーな気分になってしまいますよね。間違ったスキンケアをすると、肌あれがより悪化する可能性もあるため注意が必要です。そこで今回は、一体なぜ生理中には肌あれが起こりやすいのかという原因とあわせて、生理中の肌あれ対策に取り入れるべきスキンケア方法を学んでいきましょう。

生理中に肌あれが起きやすい原因とは?


生理と肌あれの関係を学ぶ上で、必ず知っておかなければならないのが “女性ホルモン”の変化について。女性ホルモンには、女性らしい体つきを作る働きや美容に欠かせない役割を持つエストロゲンと、妊娠をサポートするプロゲステロンという2つの種類があります。すこやかな肌をキープするためには、ホルモンバランスを整えることが重要だということは周知の事実ですが、生理前になるとこの2つのホルモンバランスが乱れやすくなります。すると、肌のバリア機能の低下や、皮脂の過剰分泌などのトラブルが生じ、肌あれが起きてしまうのです。

ホルモンバランスのことをもっと詳しく!


エストロゲンの分泌は、排卵期にピークを迎えその後は減少していきます。エストロゲンには、肌のハリやうるおいを守るためのコラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるため、分泌が減少する生理が始まる頃には、肌のバリア機能が低下した状態に。摩擦などの刺激に普段以上に敏感になり、肌あれが起きやすくなってしまいます。その一方で、プロゲステロンは、生理前に分泌のピークを迎えるホルモン。皮脂の分泌を促進させるという働きもあるため、毛穴が詰まりやすくなってニキビができてしまいます。

生理中の肌あれを防ぐためのスキンケアポイント


生理中の肌あれを防ぐためには、丁寧な洗顔で過剰に分泌された皮脂を落とし、保湿ケアで肌の乾燥を防いであげることが大切なポイント。生理中の肌はとてもデリケートで敏感な状態。保湿ケアも洗顔もやさしく行うことが大切です。保湿ケアは、水分を与えることを重視し、化粧水でしっかりとうるおいをプラスして。手のひらで肌を包み込むようにおさえ、うるおい成分を肌に閉じ込めてあげましょう。乳液やクリームなどの油分を含むスキンケアアイテムの使用はマストですが、すでにニキビができている部分は控えめに塗るようにしてください。

また、敏感な生理中の肌を守り、乾燥を防ぐためにも洗顔は朝晩の1日2回が目安になります。洗顔料をしっかりと泡立ててきめ細かい泡を作り、肌を包み込むようなイメージで洗顔しましょう。ピーリングなど、物理的に肌に負担をかけるスペシャルケアも生理中は避けたほうがいいでしょう。さらに、これらのスキンケアとあわせてエストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取したり、たっぷりと質のいい睡眠をとったりして体の内側からも肌あれ対策にアプローチしていくことが大切です。

女性の体や肌は、ホルモンバランスの変化に大きく左右されてしまうもの。とくに、生理前になると肌の調子に加えて、気分の落ち込みやイライラなども生じますが、自分の体としっかり向き合って、ホルモンバランスを整えるよう意識することが大切です。外側と内側からのダブルケアで、すこやかな肌をキープしましょう。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP