TOP / アルビオンを体験 /  BEAUTY TIPS / 心も見た目も明るく! ポジティブになる方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

昔から、人の内面は見た目にあらわれるといわれていますよね。本来は目に見えないはずの心が外見に現れるというのは不思議な話ですが、自分や身の回りの人を見てどこか納得するという方も多いのではないでしょうか。顔つきや体つき、姿勢などを見ることで、その人の大まかなイメージはつかめるもの。ネガティブ思考に頭や心が支配されていると、見た目や生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。そこで今回は、物事を前向きにとらえ、ポジティブ思考になるための方法をご紹介いたします。

毎日の習慣を変えてマイナス感情にブレーキを!


物事をネガティブにとらえてしまうと、怒りや不満、不安や焦り、後悔や苛立ちといった感情を抱きやすくなってしまいますよね。こういったマイナスの感情をたくさん抱えていると、“本来はやりたいはずのことに思い切って挑戦できない” “本当はやりたくないことをしなくてはならない”といった状況に身を置く機会が多くなってしまいます。すると、さらにネガティブな思考に取りつかれ……といった負の循環に陥ってしまうことにもなりかねません。毎日を幸せな気持ちで過ごすためには、上記の感情の原因となっている習慣をやめることが大切です。

だらだら○○はNG!


家に帰ってから、ついつい見てもいないテレビをつけてしまったり、スマートフォンを長時間触ってしまったりするという方はいませんか?必要もないのにだらだらと続けてしまう習慣は、本来有意義に使えるはずの時間を奪い、「無駄な時間を過ごしている」という罪悪感からネガティブな思考を呼んでしまいます。良くないと感じつつも、つい続けてしまうというだらだら習慣はすっぱりと断ち切り、ほかのことに時間を使ってみましょう。

体を動かして心を前向きに!


落ち込んだり怒ったりしてネガティブな気持ちになったときは、体を動かすことで心をポジティブな状態へと導いてみてください。にっこりと笑ってみる、胸を張って背筋を伸ばす、腕を伸ばして深呼吸をするなど、気分が前向きなときに行う行動をとることで、感情や思考が引っ張られて、ネガティブな気分に打ち勝つことができますよ。

家族や友人のポジティブを分けてもらう


人の気分や感情は、近くにいる人へと伝わっていくもの。なかなかポジティブな気持ちになれないという方は、笑顔が多く前向きな人と過ごす時間を長く作りましょう。反対に、一緒にいることで疲れたりイライラしたりしてしまうという人とは、少し距離を置いてみてください。ネガティブな気持ちになることが減り、明るい気持ちで過ごす時間が長くなることで、自然とポジティブな思考が身についてくるはずです。

身についてしまったネガティブ思考を変えるのはなかなか難しいことですが、日ごろから意識することで、少しずつ前向きな考え方を手に入れることができます。ただし、マイナスの感情を抱くことは必ずしも悪いことではありません。自分の抱く感情に否定的になってしまえば、ポジティブとはかけ離れていってしまいます。

明るく前向きな思考を手に入れるためには、マイナスの感情をしっかりと受け止め、自分を俯瞰して見る冷静さも大切ですよ。「ポジティブ思考を身に着けて見た目も心も明るくなりたい」と感じている方は、今回ご紹介した内容を参考にして、少しずつマイナスの感情を減らしていってくださいね。

一覧ページに戻る 一覧ページに戻る

PAGE TOP